コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

経皮感染 ケイヒカンセン

デジタル大辞泉の解説

けいひ‐かんせん【経皮感染】

病原体を保有する動物や昆虫にかまれる、寄生虫皮膚から侵入する、傷口から病原体が入る、病原体が付着した注射針を使用することなどによって皮膚から感染すること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けいひかんせん【経皮感染】

病原体が皮膚から侵入するような感染のしかた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の経皮感染の言及

【感染】より

… 病原体が生体に感染する侵入門戸は皮膚,粘膜であるが,健常な皮膚はワイル病を除いて一般の病原体は侵入しがたい。皮膚からの侵入を経皮感染というが,これには,傷からの化膿菌,カによる日本脳炎,イヌの咬傷による狂犬病などがある。しかし,粘膜からは感染しやすく,呼吸器,消化器,眼,泌尿生殖器などの粘膜から,各種の病原体が侵入する。…

※「経皮感染」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

経皮感染の関連キーワードニホンジュウケツキュウチュウ(日本住血吸虫)海外旅行で気をつけたい感染症黄疸出血性レプトスピラ病糞線虫症オウム病感染症糞線虫防疫鉤虫

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android