コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

経皮感染 ケイヒカンセン

2件 の用語解説(経皮感染の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

けいひ‐かんせん【経皮感染】

病原体を保有する動物や昆虫にかまれる、寄生虫が皮膚から侵入する、傷口から病原体が入る、病原体が付着した注射針を使用することなどによって皮膚から感染すること。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の経皮感染の言及

【感染】より

… 病原体が生体に感染する侵入門戸は皮膚,粘膜であるが,健常な皮膚はワイル病を除いて一般の病原体は侵入しがたい。皮膚からの侵入を経皮感染というが,これには,傷からの化膿菌,カによる日本脳炎,イヌの咬傷による狂犬病などがある。しかし,粘膜からは感染しやすく,呼吸器,消化器,眼,泌尿生殖器などの粘膜から,各種の病原体が侵入する。…

※「経皮感染」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone