コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

注射針 ちゅうしゃばりinjection needle

世界大百科事典 第2版の解説

ちゅうしゃばり【注射針 injection needle】

注射器の先につける。細い金属管の先を竹をそいだような形にして刃をつけたもの。皮下・筋肉・静脈注射用の針はおよそ長さ2.5~3.5cm,皮内注射用は1.3cm,管の内径は皮下注射用は0.6~0.7mm,筋肉・静脈注射用は0.8~0.9mm,輸血用には1mm前後のものが用いられる。現在のように使い捨てでなく耐久消耗品であった時代には,材質も高級なステンレス鋼を使用した。ステンレス鋼板を深絞りによってコップに成形し,さらにこれを引抜加工によって細い管とし,先端を斜めに切断して仕上げる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

注射針の関連キーワードバルトリン腺嚢胞/バルトリン腺炎/バルトリン腺膿瘍扁桃周囲炎/扁桃周囲膿瘍陰嚢水腫(精巣水瘤)エタノール注入療法グッドデザイン賞ツベルクリン検査インスリンポンプ刺す・螫す・差す注射針プログラムハイリスク集団顔面けいれん症感染性廃棄物ガラスビーズ医療廃棄物B 型肝炎D 型肝炎ニッショー睾丸水瘤結膜結石脊椎麻酔

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

注射針の関連情報