コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

注射針 ちゅうしゃばり injection needle

1件 の用語解説(注射針の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ちゅうしゃばり【注射針 injection needle】

注射器の先につける針。細い金属管の先を竹をそいだような形にして刃をつけたもの。皮下・筋肉・静脈注射用の針はおよそ長さ2.5~3.5cm,皮内注射用は1.3cm,管の内径は皮下注射用は0.6~0.7mm,筋肉・静脈注射用は0.8~0.9mm,輸血用には1mm前後のものが用いられる。現在のように使い捨てでなく耐久消耗品であった時代には,材質も高級なステンレス鋼を使用した。ステンレス鋼板を深絞りによってコップに成形し,さらにこれを引抜加工によって細い管とし,先端を斜めに切断して仕上げる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

注射針の関連キーワード銃剣タブノキ先を追う注射器糠穂ペン先連音杭沓言葉の先を折る塩水注射器

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

注射針の関連情報