コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

経緯台 けいいだい

1件 の用語解説(経緯台の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

けいいだい【経緯台】

望遠鏡を水平方向と上下方向に回転させる二軸を備えた、望遠鏡を載せる架台。 → 赤道儀

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の経緯台の言及

【天体望遠鏡】より

…図4-a,図4-b,図4-c,図4-d,図4-eのように,その用途によっていくつかの型式が考案された。 口径が5mを超えるような超大口径望遠鏡では,重力に対して傾いた軸をもつ赤道儀ではその重量を支えきれないので,垂直軸と水平軸をもつ経緯台にのせる。この場合,重い望遠鏡筒を対称的に支持するので,重力による撓みを予想しやすい。…

※「経緯台」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

経緯台の関連情報