コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤道儀 せきどうぎ equatorial telescope

6件 の用語解説(赤道儀の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

赤道儀
せきどうぎ
equatorial telescope

地球の自転軸と平行な回転軸 (極軸という) に直角にもう1つの回転軸 (赤緯軸という) を取付け,さらにこの軸にレンズあるいは反射鏡の中心軸が直角になるように望遠鏡を固定したもの。緯度の異なる地球上の各地からの天体観測を正確にするための装置で,天文台に設置された大望遠鏡はもとより,少し大きな望遠鏡は,特殊なものを除いて,すべてこの方式で設置されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せきどう‐ぎ〔セキダウ‐〕【赤道儀】

天体望遠鏡の架台の形式の一。ある地点の地軸の方向(極軸)と、これに直角の方向(赤緯軸)の二つの回転軸をもち、時計仕掛けで回転させると天体を日周運動に合わせて追跡できる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

赤道儀【せきどうぎ】

特定の天体を日周運動に合わせて追跡できるようにした,天体望遠鏡の架台の一形式。天の南北極(つまり地球の自転軸)に平行に一つの回転軸(極軸)を設け,これに垂直にもう一つの回転軸(赤緯軸)を取り付け,赤緯軸に垂直に望遠鏡を設置する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

せきどうぎ【赤道儀 equatorial mounting】

天体の日周運動を追尾するための回転軸をもった天体望遠鏡の架台。架台に設置した望遠鏡も含めて赤道儀と呼ぶ場合もある。地球の自転運動のため,天体は東から西へ時々刻々と高度,方位角をかえている。望遠鏡をある天体に向けてもすぐに視野をはずれてしまう。望遠鏡の架台に,地球の自転軸に平行な極軸をもうけ,これと直交した第2軸である赤緯軸をつけ,望遠鏡をこの軸にさらに直交して取りつける。直交した2軸で望遠鏡は自由にどの方向にでも向けることができる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

せきどうぎ【赤道儀】

地球の自転軸に平行な回転軸(極軸)とそれに直角な回転軸(赤緯軸)をもつ天体望遠鏡の架台。天体の日周運動に合わせて極軸の周りを時計仕掛けで自動的に回転するようにしてある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

赤道儀
せきどうぎ

天体望遠鏡の架台の一形式。地球の自転の反映として、天体は天の南北極を中心として東から西へ回転する。この天体を追尾するには、地軸と平行に設けた極軸の周りに望遠鏡を回転させることが、もっとも簡単な方法である。任意の方向に向けるために、極軸と直交する赤緯軸を設け、さらにこれに直角に望遠鏡を取り付ける。両軸を回していったん天体に望遠鏡を向けると、あとは極軸の周りに等速度で駆動するだけでよい。商用電源で同期電動機を回すものが多い。
 赤道儀は、極軸の支え方と赤緯軸の配置によっていろいろな形式に分かれる。極軸の端に赤緯軸をもつドイツ式、極軸を両端で支え、中間に赤緯軸を置くイギリス式、その極軸を中間で二つに分け、その間に望遠鏡を置くヨーク式、これを片持ちにしたフォーク式、極のまわりも観測できるようにヨーク式の上側軸受を馬蹄(ばてい)形にした形式のものなどがある。ドイツ式は比較的小型のものに、馬蹄形軸受は大型望遠鏡に用いられる。赤道儀は天体の追尾が容易に行えるので、小型望遠鏡から大型望遠鏡まで広く用いられている。しかし大型光学望遠鏡や電波望遠鏡では、重力に対して対称性のよい経緯台式架台が採用される方向にある。[西村史朗]
『天文ガイド編集部編『ポータブル赤道儀の作り方』(1979・誠文堂新光社) ▽藤井旭著『藤井旭の天体望遠鏡ガイド』(1990・誠文堂新光社) ▽天文ガイド編集部編『天体望遠鏡の作り方2 機材のチューンナップからポータブル赤道儀まで』(1999・誠文堂新光社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

赤道儀の関連キーワード回転軸公転子午環自転南極日周運動北極自転軸日周圏恒星自動追尾装置

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

赤道儀の関連情報