コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

架台 カダイ

大辞林 第三版の解説

かだい【架台】

高い所で仕事をする時、足場としてつくる台。
鉄道・水路・橋などを支える構造物。
化学の実験で、レトルトなどを支えるのに用いられる台。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

架台の関連キーワードサイディング・スプリング天文台アメリカ国立電波天文台ハプナルフィヨルズルソーラーシェアリングショックアブソーバ恒星自動追尾装置すばる(望遠鏡)ベルトコンベヤプラネタリウム磁気コンパストランシット太陽観測装置シャンデリア彗星掃索鏡引抜き加工天体望遠鏡電波望遠鏡航空カメラ対戦車砲化学実験

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

架台の関連情報