コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

結合主義 けつごうしゅぎconnectionism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

結合主義
けつごうしゅぎ
connectionism

刺激と反応とを連係する結合があらゆる学習過程の基本であるとする心理学説で,おもに E.L.ソーンダイクによって主張された。したがって,学習はそのような結合の獲得とその強度の増大とによって成立する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

結合主義の関連キーワード連合心理学試行錯誤連合

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android