コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

結合主義 けつごうしゅぎconnectionism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

結合主義
けつごうしゅぎ
connectionism

刺激と反応とを連係する結合があらゆる学習過程の基本であるとする心理学説で,おもに E.L.ソーンダイクによって主張された。したがって,学習はそのような結合の獲得とその強度の増大とによって成立する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報