コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

刺激 しげき stimulus

翻訳|stimulus

6件 の用語解説(刺激の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

刺激
しげき
stimulus

生体に働いて,生体細胞の活動を誘発するような作用因をいう。外界や内界の条件の変化はすべて刺激になりうるが,受止める細胞側の興奮性によって,ある程度以上の強さの刺激でないと反応を起さない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

し‐げき【刺激/刺×戟】

[名](スル)
生体に作用してなんらかの現象や反応を起こさせること。特に、知覚や感覚に作用して反応を起こさせること。また、その原因となるもの。「学習意欲を―する」「都会は―が強い」
物事の動きを活発にさせるきっかけとして、外から作用すること。また、そのもの。「景気を―する」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

刺激【しげき】

一般に生体の個体・器官・組織・細胞に何らかの反応をひき起こすような外的作用(または作用因)をいう。外的作用は感覚器にとらえられてはじめて刺激となる。あまり弱い刺激は無効で,有効・無効の限界を刺激の閾(いき)という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

刺激

 生体全体や細胞などに応答を起こさせる外的要因.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しげき【刺激 stimulus】

生物に作用して特定の反応をひきおこす要因を,一般に刺激という。ふつう,外的条件の変化がそれに対応した感覚器でとらえられて刺激となるが,気温の変化のように全身的に作用する場合もある。刺激によってひきおこされる反応には,反射的におこるまばたきのように局部的な場合もあり,特定のリリーサー(または鍵刺激)によって特定の行動が解発されるときのように全身的なものもある。また一時的なものでなく,形態形成のように持続的な反応がひきおこされる場合もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

刺激
しげき

生物の細胞、器官、個体に、ある反応を引き起こさせる原因をいう。つまり、刺激とは、生物に反応をおこさせるような外界の条件変化ということができる。刺激の結果おこる反応は、生物の働きを盛んにするような場合が多く、こうした反応を興奮という。しかし、刺激によっては生物の働きを逆に抑える場合もあり、これを麻痺(まひ)または抑制という。[真島英信]

刺激と受容器

刺激が生物に作用する場合、その刺激を最初に受け入れて反応をおこすものは特定の細胞である。これを受容細胞または受容器という。たとえば光刺激の場合、その受容器は目の網膜にある錐状体(すいじょうたい)や桿状体(かんじょうたい)とよばれる細胞で、これらがまず光に反応して興奮し、その興奮を視神経を通して脳に伝える。このように、ヒトや動物においてはいろいろな種類の刺激に応じてそれぞれ受容器が備わっている。つまり、ある受容器はある特定の刺激に対してのみ反応し、かつ、その受容器が興奮をおこすのに必要とする最小の刺激の強さが低く、感受性が高い構造をもっているわけである。こうした特定の刺激をその受容器の「適当刺激」という。たとえば網膜の錐状体(光受容器)に対する適当刺激は光刺激であり、内耳の有毛細胞(聴覚受容器)に対する適当刺激は音刺激である。そのほか、適当刺激と受容器との組合せとしては、味覚刺激に対する舌の味蕾(みらい)にある味細胞、嗅覚(きゅうかく)刺激に対する鼻粘膜の嗅細胞、温度変化に対する皮膚のルフィニ小体やクラウゼ小体、触圧刺激に対する皮膚のマイスナー(マイスネル)小体やパチニ小体などが知られている。痛覚刺激の場合は特定の受容器がみられず、痛覚神経の末端が直接刺激されると考えられている。このような神経末端を自由神経終末とよんでいる。[真島英信]

興奮のメカニズム

このように、刺激は通常その刺激を適当刺激とする受容器を通じてのみ受け入れられるわけであるが、電気刺激のみはすべての受容器を興奮させるほか、受容器でない筋肉や神経細胞にも直接作用して、これを興奮させることができる。電気刺激がこうした作用をもつのは、細胞の興奮のメカニズムが電気的な性質をもつためである。すなわち、ある受容器に適当刺激が与えられると、まず、その受容器の細胞膜に脱分極、すなわち膜電位の減少がおこる。ついで、これが接続している感覚神経の末端に脱分極をおこさせ、その結果、感覚神経にインパルス(伝導性の電気的興奮)が発生する。つまり神経線維の細胞膜にある一定の脱分極がおこると、インパルスが発生し、それが伝播(でんぱ)していくという性質である。電気刺激を直接神経線維に与えた場合も同様で、電流が細胞膜を外向きに流れると、その部に脱分極がおこってインパルスが発生する。筋線維にも神経線維と同じ性質がある。インパルスが発生すればその細胞は興奮したといえる。興奮は脱分極部におこるため、外から電極を当てて電気刺激を加えた場合は陰極部が刺激になる。しかし、刺激があまり微弱な場合は興奮はおこらないため、興奮をおこすにはある一定の強さが必要となる。興奮をおこすに必要な最小の刺激の強さを「閾値(いきち)」という。閾値より強い刺激に対してつねに一定の大きさの反応(興奮)がおこる場合、その反応は「全か無かの法則」に従うという。たとえば単一神経線維のインパルスの大きさは刺激の大小にかかわらず一定であり、「全か無かの法則」に従っている。これに対して刺激が強いほど反応も大きくなる場合、その反応は段階的であるという。[真島英信]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

刺激の関連キーワード生活反応エリシター解発引き起こす・引起こす書き遣す引起す巻起す中間反応連続反応用量-反応関係

今日のキーワード

参院選の日程

改選議員が任期満了を迎える7月25日の前30日以内に実施される。参院選を「18歳選挙」の対象とするためには6月20日以降の公示とする必要がある。投票日を通例の日曜日とすれば、候補は7月10日、17日、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

刺激の関連情報