結婚式の家(読み)けっこんしきのいえ

世界の観光地名がわかる事典の解説

けっこんしきのいえ【結婚式の家】

ドイツ北部、ニーダーザクセン州の州都ハノーバー(Hannover)の南西約40km、ニーダーザクセン州のハーメルン(Hameln)のマルクト広場近くに位置する、仕掛け時計がある建物。1610~1617年に結婚式場・結婚登録所として建設されたベーゼルルネサンス様式の建物で、現在は公文書館として使われていて、内部の見学はできない。ハーメルン駅から徒歩15分ほど、隣に聖ニコライ教会(マルクト教会)がある。建物西側の仕掛け時計は、1日3回、グリム童話にも収録されている『ハーメルンの笛吹き男』(ハーメルンのネズミ捕り男)の話の仕掛けが動き出す。◇聖ニコライ教会と結婚式の家の間に舞台があり、毎週日曜日の正午から市民による『ハーメルンの笛吹き男』の野外劇が演じられる。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android