コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

結婚式の家 けっこんしきのいえ

1件 の用語解説(結婚式の家の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

けっこんしきのいえ【結婚式の家】

ドイツ北部、ニーダーザクセン州の州都ハノーバー(Hannover)の南西約40km、ニーダーザクセン州のハーメルン(Hameln)のマルクト広場近くに位置する、仕掛け時計がある建物。1610~1617年に結婚式場・結婚登録所として建設されたベーゼルルネサンス様式の建物で、現在は公文書館として使われていて、内部の見学はできない。ハーメルン駅から徒歩15分ほど、隣に聖ニコライ教会(マルクト教会)がある。建物西側の仕掛け時計は、1日3回、グリム童話にも収録されている『ハーメルンの笛吹き男』(ハーメルンのネズミ捕り男)の話の仕掛けが動き出す。◇聖ニコライ教会と結婚式の家の間に舞台があり、毎週日曜日の正午から市民による『ハーメルンの笛吹き男』の野外劇が演じられる。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

結婚式の家の関連キーワードシュターデツェレハノーバーリューネブルガーハイデアウトシュタットウォルプスウェーデザクセンアンハルトニーダーザクセンハノーファーヘレンハウゼン王宮庭園

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone