コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正午 しょうごnoon

翻訳|noon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

正午
しょうご
noon

太陽の南中する時刻。それが真太陽の場合は真正平均太陽の場合は平均正午という。一般には,その地方の標準正午における平均正午,すなわち地方標準時の正午をさす場合が多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しょう‐ご〔シヤウ‐〕【正午】

昼の12時。この時刻に太陽が子午線を通過する。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しょうご【正午 noon】

24時制でいえば真昼の12時ちょうどの時刻をいう。昔,1日の出日没で昼夜を二分し,それぞれを6等分して合計12の時間帯に分け,24時制の23時から1時までに当たる時間帯に始まり以下1時から3時,3時から5時,……の順に並ぶ各2時間帯に,それぞれ子,丑,寅,卯,辰,巳,午,未,申,酉,戌,亥の十二支名を振り当てて表した。午の刻は24時制の11時から13時に当たり,正午はこの時間帯の中央,つまり真昼の12時を意味する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しょうご【正午】

昼の12時。日本標準時では、東経135度の地点で平均太陽が南中する時刻。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

正午の関連キーワード昼下がり・昼下り永遠の1/2シグナルヒル月の満ち欠け正午の茶事鳩の撃退法日本標準時ユリウス日玉音放送入り代り茶事七式昼下りヌーン薬降る常用時昼時分午前中昼過ぎ日変化持斎

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

正午の関連情報