野外劇(読み)やがいげき

日本大百科全書(ニッポニカ)「野外劇」の解説

野外劇
やがいげき

屋外で行われる演劇の総称。屋外劇、戸外ともいい、屋内劇に対する。ページェントも広義の野外劇に含まれる。原始演劇や各地の民族芸能などにみられるように、演劇は発生的には野外劇としての性格が強く、屋内劇に比べてはるかに長い歴史をもっている。古代ギリシア・ローマ劇場は郊外の丘の斜面や台地を利用してつくられ、中世の宗教劇や世俗劇のほとんども広場や街頭で演じられた。劇場が今日のような全蓋(がい)式の屋内劇場になったのは16世紀に入ってからで、イタリアの貴族の邸宅内の庭園などに付設され、遠近画法を応用した舞台背景の進歩により、広い空間を暗示できるようになった。エリザベス朝時代の劇場も半野外劇場だったといえる。東においても、古代インドや中国の演劇は祭祀(さいし)の一部として、主として祖廟(そびょう)や宮殿前の広場で演じられた。わが国では、古くは伎楽(ぎがく)、舞楽(ぶがく)、散楽(さんがく)などはもとより、創始期の能楽や歌舞伎(かぶき)も野外劇に近く、竹矢来(やらい)、蓆(むしろ)張りの仮設小屋で演じられた。芝居ということばは本来、芝の居る所、すなわち観客席を意味したといわれる。近世以降、演劇興行の商業化に伴って屋内劇場が主流となったが、20世紀初頭、野外劇のもつ公共的性格が見直され、各国で野外劇運動が勃興(ぼっこう)した。わが国でも大正時代に入って盛んになり、とくに坪内逍遙(しょうよう)は理論・実践の両面からこれを推進したが、断続的な試みに終わった。

[大島 勉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「野外劇」の解説

野外劇
やがいげき
out-door play

野外で自然を舞台として演じられる劇。原始演劇の時代からギリシア演劇中世演劇などは,ほとんどが野外劇であり,日本でも芸能の初期の形態は野外公演が中心であった。しかしヨーロッパでは 16世紀,日本では 18世紀に屋内劇場が出現すると,ページェントや民俗芸能などの特殊な例を除いて,野外劇は次第に姿を消していったが,20世紀に入って再び野外劇の意義が評価され,M.ラインハルトの実験的な演出などが行われるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「野外劇」の解説

野外劇【やがいげき】

古代ギリシア・ローマの演劇は野外劇であり,中世の演劇も多くは街頭や広場で演じられた。日本でも近世初頭に至るまでは野外で演じられることが多く,一般的に野外劇は祝祭的・公共的色彩をもつことから,現代においても現代演劇の活性化を願って野外劇運動が各国に興っている。→ページェント劇場

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「野外劇」の解説

やがい‐げき ヤグヮイ‥【野外劇】

〘名〙 屋外で行なう演劇。野外演劇。ページェント。⇔屋内劇。〔新らしい言葉の字引(1918)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「野外劇」の解説

やがい‐げき〔ヤグワイ‐〕【野外劇】

野外で、自然を舞台、または背景として行う演劇。ページェント。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「野外劇」の解説

やがいげき【野外劇】

一般に野外,屋外で行われる演劇をさす。洋の東西を問わず,古く演劇はむしろ野外で行われることが常態であり,例えば古代ギリシア・ローマの場合も演劇は野外で行われていた。中世期にも,イギリスページェント,あるいは日本の勧進田楽・勧進猿楽などのように,各種の屋外劇が見られ,またルネサンス期でも,たとえばイギリス・エリザベス朝時代のシェークスピア劇上演のように,観客席の一部が屋根なしの,〈半野外〉の方式をとっている例が見られる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android