コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野外劇 やがいげき out-door play

6件 の用語解説(野外劇の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

野外劇
やがいげき
out-door play

野外で自然を舞台として演じられる劇。原始演劇の時代からギリシア演劇中世演劇などは,ほとんどが野外劇であり,日本でも芸能の初期の形態は野外公演が中心であった。しかしヨーロッパでは 16世紀,日本では 18世紀に屋内劇場が出現すると,ページェント民俗芸能などの特殊な例を除いて,野外劇は次第に姿を消していったが,20世紀に入って再び野外劇の意義が評価され,M.ラインハルトの実験的な演出などが行われるようになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

やがい‐げき〔ヤグワイ‐〕【野外劇】

野外で、自然を舞台、または背景として行う演劇。ページェント。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

野外劇【やがいげき】

古代ギリシアローマ演劇は野外劇であり,中世の演劇も多くは街頭や広場で演じられた。日本でも近世初頭に至るまでは野外で演じられることが多く,一般的に野外劇は祝祭的・公共的色彩をもつことから,現代においても現代演劇の活性化を願って野外劇運動が各国に興っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

やがいげき【野外劇】

一般に野外,屋外で行われる演劇をさす。洋の東西を問わず,古く演劇はむしろ野外で行われることが常態であり,例えば古代ギリシア・ローマの場合も演劇は野外で行われていた。中世期にも,イギリスページェント,あるいは日本の勧進田楽・勧進猿楽などのように,各種の屋外劇が見られ,またルネサンス期でも,たとえばイギリス・エリザベス朝時代のシェークスピア劇上演のように,観客席の一部が屋根なしの,〈半野外〉の方式をとっている例が見られる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

やがいげき【野外劇】

野外で、自然を舞台として行う演劇。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

野外劇
やがいげき

屋外で行われる演劇の総称。屋外劇、戸外劇ともいい、屋内劇に対する。ページェントも広義の野外劇に含まれる。原始演劇や各地の民族芸能などにみられるように、演劇は発生的には野外劇としての性格が強く、屋内劇に比べてはるかに長い歴史をもっている。古代ギリシア・ローマの劇場は郊外の丘の斜面や台地を利用してつくられ、中世の宗教劇や世俗劇のほとんども広場や街頭で演じられた。劇場が今日のような全蓋(がい)式の屋内劇場になったのは16世紀に入ってからで、イタリアの貴族の邸宅内の庭園などに付設され、遠近画法を応用した舞台背景の進歩により、広い空間を暗示できるようになった。エリザベス朝時代の劇場も半野外劇場だったといえる。東洋においても、古代インドや中国の演劇は祭祀(さいし)の一部として、主として祖廟(そびょう)や宮殿前の広場で演じられた。わが国では、古くは伎楽(ぎがく)、舞楽(ぶがく)、散楽(さんがく)などはもとより、創始期の能楽や歌舞伎(かぶき)も野外劇に近く、竹矢来(やらい)、蓆(むしろ)張りの仮設小屋で演じられた。芝居ということばは本来、芝の居る所、すなわち観客席を意味したといわれる。近世以降、演劇興行の商業化に伴って屋内劇場が主流となったが、20世紀初頭、野外劇のもつ公共的性格が見直され、各国で野外劇運動が勃興(ぼっこう)した。わが国でも大正時代に入って盛んになり、とくに坪内逍遙(しょうよう)は理論・実践の両面からこれを推進したが、断続的な試みに終わった。[大島 勉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

野外劇の関連キーワード体外受精芋煮会街頭劇立楽野外女優劇外遊び野外フェスティバルバロック劇野試合

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

野外劇の関連情報