給金直し(読み)きゅうきんなおし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

給金直し
きゅうきんなおし

相撲本場所十両以上は8番,幕下以下なら4番勝って勝ち越すこと。勝ち越すと,月給とは別に本場所ごとに支給される褒賞金の額が増加するため,こう呼ばれる。勝ち越しをかける相撲を「給金相撲」という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

きゅうきん‐なおし〔キフキンなほし〕【給金直し】

相撲で、力士が本場所で勝ち越して昇給すること。十両以上は8勝、幕下以下なら4勝。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きゅうきんなおし【給金直し】

相撲で、力士が勝ち越して昇給すること。また、勝ち越すこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

給金直しの関連情報