コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十両 じゅうりょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十両
じゅうりょう

力士階級の一つ。正式には「十枚目」という。番付二段目幕下上位の階級で,関取待遇を受けられる。明治初期,給料が十両 (10円) 以上になった二段目幕下力士を十枚目まで待遇したところから出た俗称で,いまではこの俗称「十両」が一般化している。番付面で十両が幕下と区別されて肉太 (にくぶと) に書かれたのは 1888年1月からである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

十両

相撲の階級で、幕内と幕下の間。十両以上の力士は「関取」と呼ばれ、一人前と認められる。日本相撲協会から103万6千円の月給を受ける。大銀杏(おおいちょう)を結い、化粧まわしを付けて土俵入りし、付け人もつく。

(2015-10-01 朝日新聞 朝刊 横浜・1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

デジタル大辞泉の解説

じゅう‐りょう〔ジフリヤウ〕【十両】

1両の10倍。
《近世、年に十両の給金をもらったところから》相撲で、前頭(まえがしら)次位幕下上位関取としての待遇を受ける。十枚目。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅうりょう【十両】

〔昔、給金が年一〇両であったことから〕
相撲の番付で、幕内の下、幕下より上位の地位。以前は幕下十枚目までをいった。関取として待遇される。十枚目。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

十両の関連キーワード明日の百より今日の五十千代鳳関と千代丸関大相撲の番付あたふた給金相撲千両道具給与制度目腐り金遣ひ日記返り入幕化粧回し給金直し御嶽海中入り入り米具足金つばむ大相撲新入幕待った

今日のキーワード

けものフレンズ

「けものフレンズプロジェクト」が展開するメディアミックス作品。略称は「けもフレ」。プロジェクト参画企業は株式会社ファミマ・ドット・コム、株式会社テレビ東京、株式会社KADOKAWAなど。マンガ家の吉崎...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

十両の関連情報