十両(読み)じゅうりょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「十両」の解説

十両
じゅうりょう

力士階級の一つ。正式には「十枚目」という。番付二段目幕下上位の階級で,関取待遇を受けられる。明治初期,給料が十両 (10円) 以上になった二段目幕下力士を十枚目まで待遇したところから出た俗称で,いまではこの俗称「十両」が一般化している。番付面で十両が幕下と区別されて肉太 (にくぶと) に書かれたのは 1888年1月からである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「十両」の解説

じゅう‐りょう ジフリャウ【十両】

〘名〙
① 一両の一〇倍。
※雑俳・川傍柳(1780‐83)二「十両の礼金とんだ顔の娵」
② (近世、年に一〇両の給金であったところからか) 力士の階級の一つ。前頭より下位、幕下より上位。関取の最下位。十枚目。十両取。〔新聞語辞典(1933)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android