月給(読み)げっきゅう

精選版 日本国語大辞典「月給」の解説

げっ‐きゅう ‥キフ【月給】

〘名〙 労働に対する代価として、支払いを月単位に定めた賃金。月俸サラリー
※杜詩続翠抄(1439頃)一三「給は歳給月給日給どれでもあれ」 〔白居易‐常楽里間居偶題十六韻詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「月給」の解説

げっ‐きゅう〔‐キフ〕【月給】

月ごとにきまって支払われる給料。月俸。サラリー。「月給日」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の月給の言及

【月給制】より

…賃金計算形態のうち,1ヵ月何円というように月単位で計算し支給される基本給の制度をいう。月給制は専門的知識や経験に基づく能力を要する計画・立案・管理などの仕事に,期待度と信頼度で支払う制度であって,現在の諸外国でも第2次大戦前の日本でも,職員層(ホワイトカラー)を対象に行われ,その賃金をとくに俸給・給料(サラリー。英語salaryの語源はラテン語のsal(塩)で,古代ローマで兵士が俸給として塩を支給されたことにちなむ)と呼ぶこともある。…

【賃金形態】より

…その形態には二つの基本形態がある。その一つは〈時間賃金〉と呼ばれるもので,時給,日給,週給,月給など,時間賃(金)率と労働時間数を支払基準とする賃金形態である。 もう一つは〈個数賃金〉と呼ばれるもので,出来高給,能率給,業績給など,個数賃率(単価)と出来高量を支払基準とする賃金形態である。…

※「月給」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ダブルスタンダード

〘名〙 (double standard) 仲間内と部外者、国内向けと外国向けなどのように、対象によって異なった価値判断の基準を使い分けること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android