コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

給金相撲 きゅうきんすもう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

給金相撲
きゅうきんすもう

本場所の勝ち越しをかけた相撲。十両以上なら8勝目,幕下以下なら4勝目をかけた一番。勝ち越すと持ち給金がアップする。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

きゅうきん‐ずもう〔キフキンずまふ〕【給金相撲】

相撲で、あと1勝すれば勝ち越しとなって給金直しとなる取組。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

給金相撲

幕下以下は四勝、十両以上は八勝で勝ち越しになるが、勝ち越しがかかった一番のこと。かつては勝ち越しが給与ベースになっていたため。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

大辞林 第三版の解説

きゅうきんずもう【給金相撲】

〔勝ち越すと給金が上がるので〕
相撲で、その場所の勝ち越しを決める一番。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

給金相撲の関連キーワード褒賞金制度本場所

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android