絵画館(読み)かいがかん

精選版 日本国語大辞典の解説

かいが‐かん クヮイグヮクヮン【絵画館】

東京の神宮外苑にある美術館。正称は明治神宮聖徳記念絵画館。大正一五年(一九二六)設立。明治天皇と昭憲皇太后の事績を描いた日本画、洋画各四〇点ずつを陳列する。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の絵画館の言及

【美術館】より

…美術館という呼称はmuseum of fine arts,musée des beaux‐arts(フランス語),Kunstmuseum(ドイツ語)等に対応しているが,狭義の美術品(絵画,彫刻,工芸等)のほか,考古学的な遺物や武具,服飾品等も収蔵,展示しているルーブル美術館ウィーン美術史美術館などは,厳密には〈美術博物館〉ともいうべき性格をそなえている。これに対し,絵画のみを集めた美術館(絵画館)については,ギリシア語起源のピナコテカpinacoteca(イタリア語),ピナコテークPinakothek(ドイツ語)という呼称が使われることもある。なかでもバチカン美術館の中のピナコテカやミュンヘンのアルテ・ピナコテークはよく知られている。…

※「絵画館」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

絵画館の関連情報