絶対微分学(読み)ぜったいびぶんがく(英語表記)absolute differential calculus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

絶対微分学
ぜったいびぶんがく
absolute differential calculus

リーマン幾何学における解析的方法として,イタリアの数学者 G.リッチ (1853~1925) らによって確立されたもので,絶対微分を用いた不変式論とでもいうべきものである。リーマン幾何学を現代の一般的理論へと発展させる端緒となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android