コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

絶対微分学 ぜったいびぶんがくabsolute differential calculus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

絶対微分学
ぜったいびぶんがく
absolute differential calculus

リーマン幾何学における解析的方法として,イタリアの数学者 G.リッチ (1853~1925) らによって確立されたもので,絶対微分を用いた不変式論とでもいうべきものである。リーマン幾何学を現代の一般的理論へと発展させる端緒となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

絶対微分学の関連キーワードG. リッチー・クルバストロタリオ レヴィ・チーヴィタレビ・チビタレビ=チビタ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android