コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

網漁 あみりょう

世界大百科事典内の網漁の言及

【川漁】より

…こうした流れを横切って構築定置する方法は網代(あじろ)や簗(やな)も同じである。網漁には引網,流し網,投網,伏網などと数多いが,川船に乗って四つ手網を操る四つ手網漁や堰四つ手網漁は琵琶湖に注ぐ河川で特異な技法である。その他,タデの葉,サンショウ・クルミの皮の汁,石灰などを川に流すドクナガシ(毒流),川水を濁すニゴシブチ(濁淵),流れをせきとめて行うセボシ(瀬干),カイボリ(搔掘)なども古風な漁法である。…

【村君】より

…《和名類聚抄》が〈漁翁〉を〈むらきみ〉と訓ずるところから,村君はまず老練な長老的漁民を意味していたと推定される。そして,中世若狭国の漁村史料には〈大網むらきみ職〉〈本あみのむらきみ〉などの職名が見え,《宇津保物語》に〈むらぎみ召して大網曳かせ〉という一節があることから,村君がとくに網漁を指揮する存在であったことがわかる。村君という名まえの由来や,彼らが網漁とかかわって現れることの理由を詳しく知ることはできないが,おそらく大網が中世漁業における最も協業的な漁法であったこととなんらかの関係があったのであろう。…

※「網漁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

網漁の関連キーワード伝法(大阪市の地名)愛知県知多郡南知多町京都府与謝郡伊根町山口県阿武郡阿武町魚島(愛媛県、島)霞ヶ浦のわかさぎ片貝(千葉県)大網白里[町]カツオ一本釣り九十九里大漁節いけんだ煮みそ九十九里[町]中臣祖父麻呂奈良尾〈町〉双海[町]有明[町]芦北[町]栖本[町]西田新蔵長崎半島

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

網漁の関連情報