コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

網膜照度の式 retinal illuminance formula

1件 の用語解説(網膜照度の式の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

網膜照度の式【retinal illuminance formula】

広がりをもつ光源をみる場合に眼の網膜面における照度を表す式.光源の輝度を B,瞳孔の面積を S としたとき,観測者の網膜面における照度 E は次の式で与えられる.

ここで τ は眼の透過率,n′ は眼の硝子体の屈折率,p′ は眼の像節点から網膜面までの距離である.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

網膜照度の式の関連キーワード実質所得錐体末広がり半影下がりを請く広がり中気候フィゾー干渉縞ヘルツァウ‐オグレ現象

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone