綿撒糸(読み)メンザンシ

大辞林 第三版の解説

めんざんし【綿撒糸】

木綿をほぐしたもの。薬液を吸収させて傷口に用いた。解木綿ほつしもめん

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

めん‐ざんし【綿撒糸】

〘名〙 外科医が傷口につめる、木綿をほぐして薬液に浸したもの。解木綿(ほつしもめん)
※遁花秘訣(1820)牛痘汁を貯へる法「是を貯ふるには小き硝子の平なる盤二つを取り〈略〉新鮮なる痘汁を海綿或は綿繖糸に染み込ませたるを其窪みたる中に納め」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android