総合型地域スポーツクラブ(読み)そうごうがたちいきすぽーつくらぶ

知恵蔵の解説

総合型地域スポーツクラブ

小規模、単一種目、同一年齢の特定の仲間によるスポーツクラブではなく、会員は多世代で、複数のスポーツ種目が選択できるスポーツクラブのこと。学校のスポーツ施設や公共スポーツ施設を行政から拠点として運営受託し、地域住民が入会金、年会費、指導料、協賛金、事業収益、助成金を収入源として経営する。スポーツ指導者資格のあるコーチから充実した指導を受けることもできる。1995年度から文部省(現・文部科学省)が、育成モデル事業として補助し、クラブ育成を推進した。2000年に制定されたスポーツ振興基本計画では、21世紀の早い時期に国民のスポーツ実施率(週に1回以上スポーツを実施する率)を50%にまで引き上げることを目標にしており、2010年までに全国各市区町村において少なくとも1つのクラブを育成するとしている。1998年にNPO法が成立した結果、NPO法人格を取得するスポーツクラブもある。

(高橋義雄 名古屋大学総合保健体育科学センター講師 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

総合型地域スポーツクラブ

生涯スポーツ社会の実現のため、2000年に国が策定したスポーツ振興基本計画の施策の一つで、全国の各市区町村に最低一つ作ることを目指した。今年1月の県の事業仕分けでは、総合型地域スポーツクラブ育成支援事業は「体育協会や公民館活動の屋上屋(を架す)事業」との意見もあり「不要」と判定。今年度当初予算では「一部廃止」となった。そのため、県内では当初、2012年度までに全市町村にクラブを設立することを達成目標にしていたが、設立していない自治体については各市町村の判断に任せているという。

(2011-12-21 朝日新聞 朝刊 長野全県 2地方)

総合型地域スポーツクラブ

地域の様々なクラブを束ね、多種目を多世代が目的に応じて楽しむことを目指す団体。文部省(当時)が2000年の「スポーツ振興基本計画」で「全市町村に少なくとも一つの総合型クラブ育成」を掲げた。競技の裾野を広げる▽住民の交流が生まれ、地域が活性化する▽元気な高齢者が増える――などのメリットがある。 県内では天川、御杖両村を除く37市町村に総合型クラブや、その設立準備委員会があり、両村でも設立に向けた動きがある。

(2016-10-07 朝日新聞 朝刊 奈良1・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

総合型地域スポーツクラブの関連情報