コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

総合物流施策大綱 そうごうぶつりゅうしさくたいこう

1件 の用語解説(総合物流施策大綱の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

総合物流施策大綱
そうごうぶつりゅうしさくたいこう

国際的にみて割高な日本の物流コストを,2001年までに国際水準まで引下げることを目指した施策。 1997年4月の閣議決定によって決ったもので,(1) アジア太平洋地域で最も利便性の高い物流サービスの実現,(2) 企業の立地競争力をそこなわない水準の物流コストの実現,(3) 環境負荷の軽減の3点を柱に,主要港での貨物の滞留時間を半減させる,トラックの荷物積載率を都市内で5割の水準に高めるなどの具体的な数値目標を盛込んでいる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

総合物流施策大綱の関連キーワード心理的コスト取引コスト物流コスト3PL国際人国際的Yugenism民主党の高速無料化公約国際バルク戦略港湾塾講

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone