水準(読み)スイジュン

デジタル大辞泉の解説

すい‐じゅん【水準】

事物の一定の標準。また、価値・能力などを定めるときの標準となる程度。レベル。「技術が水準に達する」「水準を上回る成績」「生活水準が高い」
土地・建物などの高低・水平の度合いを測ること。また、その道具。水盛(みずもり)。
線路の曲線部における、左右のレールの高低差。→カント

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すいじゅん【水準】

一定の標準。物事の価値や性能を調べるときの基準となるもの。また、世間で認められている基準。レベル。 「給与-が低い」 「学力が-に達しない」
水面の位置。陸地の高度を測る基準とする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の水準の言及

【水準器】より

…このような測定具のない時代には,細長く浅い木箱を作って水を入れて水平面をつくり,その水平面から一定の高さに水糸(縄)を張って水平を出すという方法がとられた。このような作業を水盛りといい,この器具を水準(みずばかり)といった。準には水平,水盛りの意味があり,縄(水糸)を用いて測ることから準縄(じゆんじよう)の語が生まれ,規則,手本などの意味をもつようになった。…

※「水準」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水準の関連情報