水準(読み)すいじゅん

精選版 日本国語大辞典「水準」の解説

すい‐じゅん【水準】

〘名〙
を使って、土地が平らかどうかをはかる道具。みずもり。みずなわ。みずばかり。〔改正増補物理階梯(1876)〕 〔元史‐暦志一・験気〕
② 数量に関する一定の標準
※羽鳥千尋(1912)〈森鴎外〉「高崎まで一里程の間の田の水準(スヰジュン)を見て、過不足があると思ふと、帰途に教へて遣る」
事物の価値、機能などの一定の標準。また、世間普通の程度。レベル
※虞美人草(1907)〈夏目漱石〉一二「昂然として水準(スイジュン)以下に取り扱へ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「水準」の解説

すい‐じゅん【水準】

事物の一定の標準。また、価値・能力などを定めるときの標準となる程度。レベル。「技術が水準に達する」「水準を上回る成績」「生活水準が高い」
土地・建物などの高低・水平の度合いを測ること。また、その道具。水盛みずもり
線路の曲線部における、左右のレールの高低差。→カント
[類語]基準尺度物差し目安り所規準標準レベル定規本位

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の水準の言及

【水準器】より

…このような測定具のない時代には,細長く浅い木箱を作って水を入れて水平面をつくり,その水平面から一定の高さに水糸(縄)を張って水平を出すという方法がとられた。このような作業を水盛りといい,この器具を水準(みずばかり)といった。準には水平,水盛りの意味があり,縄(水糸)を用いて測ることから準縄(じゆんじよう)の語が生まれ,規則,手本などの意味をもつようになった。…

※「水準」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

七夕

旧暦 7月7日の夜に,天の川(→銀河系)の両岸にある牽牛星(ひこぼし。わし座のα星アルタイル)と織女星(おりひめ。こと座のα星ベガ)が年に一度相会するという伝説に基づいて,星をまつる行事。五節供の一つ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android