締約国会議(読み)テイヤクコクカイギ

デジタル大辞泉の解説

ていやくこく‐かいぎ〔‐クワイギ〕【締約国会議】

条約議定書批准した国が集まる会議。条約の締約国会議はCOP(Conference of the Parties)、議定書の締約国会議(会合)はMOP(Meeting of the Parties)と略称される。条約締約国会議と議定書締約国会議(会合)が同時に開催される場合は、COP/MOPCMP(Conference of the Parties serving as the Meeting of the Parties)などと略称される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

締約国会議の関連情報