コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

議定書 ぎていしょprotocol

翻訳|protocol

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

議定書
ぎていしょ
protocol

条約の形式の一つ。元来は会議の議事録を記入する記録簿を意味し,その後会議参加者が承認した議事録の意味に使用された。今日では国家間の合意を示す外交文書の意味で用いられ,一般に基本的な条約の一部改正,追加,解釈,実施を規定する文書,条約批准書の交換や寄託に関する文書などを議定書と呼ぶことが多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぎてい‐しょ【議定書】

議定した事項を記録した文書。ぎじょうしょ。
外交交渉や国際会議の議事または公式報告で、関係国の代表が署名したもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

議定書【ぎていしょ】

本来は国際会議,外交交渉の公式報告に関係国が署名したもの。ときには政府間の政策の合意を表明するにすぎないものもある。また条約の一形式で,手続きや効力など全く条約一般と変わらないが,内容的には軽度のものが普通で公式性も少ない。
→関連項目ジュネーブ議定書

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ぎていしょ【議定書】

外交交渉・国際会議の議事録で関係国が署名したもの。
条約の一種。他の条約に付属するものをさすことが多い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

議定書
ぎていしょ
protocol

国家間の正式の合意文書。一般的には、成立した条約を修正または補完する取決めとして用いられる。たとえば、未批准であったが、1924年の「国際紛争の平和的解決の為(ため)のジュネーブ議定書」である。そのほか、1920年の「常設国際司法裁判所規程ニ関スル署名議定書」のように、ある条約や規程を付属する、合意文書にも用いられる。[經塚作太郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の議定書の言及

【外交】より

…本国政府と外交使節団の相互の間(もしくは外交使節団相互間)で,外交行囊を運搬する特別の使者で,運搬にさいしては身体の不可侵権を享有する。 議定書protocol外交交渉で意見の合意を記録したもの。関係国が署名をするが,条約や協約に比べて公式性は少ない。…

【国際法】より

…つまり,国際機構が国家あるいは他の国際機構と締結する文書による合意も,今日では条約と考えられている。 条約には,日米安全保障条約のように〈条約treaty〉という呼称のついたものもあれば,協定agreement,憲章charter,規約covenant,規程statute,取極(とりきめ)arrangement,交換公文exchange of notes,議定書protocol,宣言declarationなどの異なった呼称のついたものもある。いずれも,国際法主体間の公式の文書による合意であれば,条約であることに変りはない。…

【条約】より

…国際社会の組織化に伴って,国際機構が当事者となって締結する条約の数が増加する傾向にある。 具体的な条約は個々の場合に必ずしも〈条約treaty〉と呼ばれるわけではなく,〈取極arrangement〉〈協定agreement〉〈憲章charter〉〈規約covenant〉〈規程statute〉〈交換公文exchange of notes〉〈往復書簡exchange of letters〉〈議定書protocol〉〈覚書memorandum〉などさまざまな名称が付せられる。これらのものは名称の差異にかかわらず実質的には条約と同意義であり,その内容によって名称が一定しているわけでもない。…

※「議定書」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

議定書の関連キーワードクリーン開発と気候に関するアジア・太平洋パートナーシップ国際組織犯罪防止条約人身取引議定書国際組織犯罪防止条約密入国議定書名古屋クアラルンプール補足議定書国際組織犯罪防止条約銃器議定書生物多様性条約カルタヘナ議定書国際紛争平和的処理一般議定書特定通常兵器使用禁止制限条約地球環境温暖化への取り組みジュネーブ条約の追加議定書ワルシャワ国際航空運送条約女子差別撤廃条約選択議定書クリーン開発メカニズム国際組織犯罪防止条約ジュネーブ一般議定書モントリオール議定書京都議定書締約国会合柔軟性メカニズムポスト京都議定書生物兵器禁止条約

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

議定書の関連情報