コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

批准 ひじゅんratification

翻訳|ratification

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

批准
ひじゅん
ratification

署名により内容が確定した条約に対して国家の権限ある機関が,各国国内法 (通常は憲法) 上の手続に従い行う最終的確認と確定的同意を与える行為。このような准制度は次の二つの理由に基づき形成された。一つは歴史的・技術的理由であり,かつて交通通信が未発達の時代においては,遠隔地において全権代表が合意に達した条約内容をより正確に検討するため本国に持ち帰る必要があった。もう一つは政治的理由であり,条約締結の過程に民主的統制を加えるために立法府の参加する機会を与えることが 19世紀以降一般的になったことである。批批准書の作成により行い,それを相手国と交換,または外交会議開催国に寄託することにより条約は正式に成立し,効力を発生する。批准権者は各国憲法の定めるところであり,日本の場合,内閣にその権限がある。国会の承認を条件とし,天皇の認証を経ることによりこれを行う (憲法7,73) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ひ‐じゅん【批准】

[名](スル)《「批」は表奏の末尾に天子が可否の決裁を書き示す意。「准」は許す意》全権委員が署名した条約に対する、当事国における最終的な確認・同意の手続き。日本では内閣が行うが、国会の承認を必要とする。「通商条約批准する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

批准【ひじゅん】

条約に対する国家の最終的確認あるいは同意をいう。条約内容につき同意が成立すると代表の署名・調印が行われ,通例は,条約締結権者が議会の事前承認を得て批准し,これを文書にした批准書を交換(または寄託)して条約が発効する。
→関連項目行政協定交換公文

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひじゅん【批准 ratification】

署名した条約に対し,国家として拘束されることの最終的な確認行為をいう。憲法上条約締結権を与えられたものが,批准権を有する。批准制度が存在する理由は,第1に通常,条約締結権者たる国家元首がみずから交渉にあたるわけでなく,したがって全権委員が締結権者の意思を体して合意したものであるかどうか確認する機会を持つ必要があること,第2に民主主義国家においては,国民を代表する議会が条約の内容を審査することにより,締結権者の恣意的な行為をコントロールする必要が生じたことである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ひじゅん【批准】

( 名 ) スル 〔ratification〕
全権委員が署名して内容の確定した条約を、条約締結権をもつ国家機関が確認し、これに同意を与えること。 「講和条約を-する」
臣下の差し出す文書を、君主が可否を判断すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

批准
ひじゅん
ratification

条約を作成する最終手続で、国家が、ある条約の当事国となるための最終的意思を示す行為をいう。通常、批准書の交換(二国間条約)、寄託(多数国間条約)として行われる。条約の批准は、君主制時代には、君主の代理人の行為(全権代表の署名行為)を、本人(君主)が自己の行為として確認するもの(代理理論)として説明されてきたが、共和制のアメリカ合衆国憲法成立以降、批准行為は、大統領(行政府)の締結する条約を、議会(上院)が国民の利益のために再検討して承認(否認)する重要な行為となった。日本国憲法は条約締結権を内閣に与えるが、批准のため、事前または事後に国会の承認を必要と定めている(73条3号)。[經塚作太郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

批准の関連キーワード市民的及び政治的権利に関する国際規約の選択議定書経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約国連子どもの権利条約(国連児童の権利条約)核兵器禁止条約と包括的核実験禁止条約包括的核実験禁止条約(CTBT)化学兵器禁止条約(CWC)第2次戦略兵器削減条約ジュネーブ・ガス議定書児童の権利に関する条約国連子どもの権利条約ILO87号条約批准京都議定書締約国会合ラティフィケーション原加盟国[国際連合]地下核実験検証議定書デンマーク・ショックバラスト水管理条約エネルギー憲章条約国際海上物品運送法人種差別撤廃条約

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

批准の関連情報