コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

緩衝能

世界大百科事典内の緩衝能の言及

【緩衝溶液】より

…しかし,弱酸とその塩,または弱塩基とその塩を含む溶液の場合には,少量の強酸や強塩基を添加してもpHがごくわずかしか変化しない。すなわち,後者の場合には,溶液中の水素イオンの濃度をできるだけ一定に保とうとする能力(緩衝能)があるわけで,このような溶液を緩衝溶液または緩衝液という。一般に,ある酸とその共役塩基との混合物を用いるとpHについての緩衝溶液をつくることができる。…

※「緩衝能」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

緩衝能の関連キーワードむし歯(う蝕症)水素イオン濃度砂丘地農業土壌微生物環境問題緩衝溶液酸性土壌むし歯地力

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android