コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

緯度効果 lattitude effect

1件 の用語解説(緯度効果の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

緯度効果【lattitude effect】

宇宙線の強さは緯度により大きく異なり,赤道に近づくほど減少する.これは宇宙線が荷電粒子であるため,地球の磁場によって曲げられる結果である.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の緯度効果の言及

【宇宙線】より

…一次宇宙線の主成分は各種の裸の原子核で,核子当り等しいエネルギーで比較すると,陽子(水素の原子核)が94.5%,ヘリウムの原子核(α粒子)が5%で,残りの0.5%がリチウムより重い原子核(炭素,窒素,酸素,鉄などの原子核が比較的多く,さらに重いものも含まれている)である。これらは正の電気量をもち,地球に到達するには,地球磁場の水平分力に応じて曲げられはね返されるので,磁気緯度によって宇宙線の入射強度は異なり,水平分力の大きい赤道付近ほど強度は減少する(緯度効果)。宇宙線の積分強度はエネルギーとともに減少し,高エネルギーではほぼエネルギーの2乗に逆比例するが,1020eVまでの存在は確認されており,単一粒子としては自然界で最大のエネルギーを有している。…

※「緯度効果」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

緯度効果の関連キーワードブランド連想の強さ一次宇宙線宇宙線二次宇宙線マグネットダイオードフォーブッシュ減少メルケルの法則皆川理上層水

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone