コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

縁座/縁坐 エンザ

デジタル大辞泉の解説

えん‐ざ【縁座/縁×坐】

重い犯罪について、犯罪人の家族や家人までが罰せられる制度。奈良時代から行われ、特に江戸時代、武士に対してきびしく適用された。明治15年(1882)廃止。→連座

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

縁座/縁坐の関連キーワード和田義盛の妻梶原景高の妻香南(市)河越重頼若狭忠季彦坂元正島津忠久斉世親王安田義定名越公時恵観山荘たし殿里見氏桂離宮縁坐縁側教勝入側原氏

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android