コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

縁座/縁坐 エンザ

デジタル大辞泉の解説

えん‐ざ【縁座/縁×坐】

重い犯罪について、犯罪人の家族や家人までが罰せられる制度。奈良時代から行われ、特に江戸時代、武士に対してきびしく適用された。明治15年(1882)廃止。→連座

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例