コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

連座/連坐 レンザ

デジタル大辞泉の解説

れん‐ざ【連座/連×坐】

[名](スル)
他人の犯罪に関して連帯責任を問われて罰せられること。累座。「贈収賄事件に―する」
同じ席に連なって座ること。
「―の輩(ともがら)、声をも一同に合はせ」〈申楽談儀

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

連座【れんざ】

犯罪者の特定関係者に刑事上の連帯責任を負わせる制度。(1)日本では律(律令)にも規定があるが,特に武家法で漸次強化された。江戸時代には縁坐は緩和されたが,一般的には公的・私的関係ともに広く適用された。
→関連項目選挙争訟選挙妨害

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

連座/連坐の関連キーワード衆院宮城1、2区の選挙違反事件リーメンシュナイダー上野 富左右同座・同坐佐久良東雄出納責任者猪俣津南雄春日家継女仁王重兵衛縁座・縁坐懐月堂安度大石誠之助拡大連座制総括主宰者福田英子樽井藤吉和気広虫山県大弐小関三英藤原魚名

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android