コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

縁枯病(ベルベットグラス)

1件 の用語解説(縁枯病(ベルベットグラス)の意味・用語解説を検索)

飼料作物病害図鑑の解説

縁枯病(ベルベットグラス)

春から夏にかけて発生する斑点性の糸状菌病。病斑は葉縁に形成されることが多く、褐色、半楕円形で、周縁部はしばしば不鮮明になる。出穂後に発生すると葉の基部が侵されて、葉全体が枯れ、脱落することが多い。病原菌フェスク縁枯病菌と同種。

出典|畜産草地研究所
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

縁枯病(ベルベットグラス)の関連キーワード黒斑病(エンバク)斑点病(ライムギ)紫斑点病(オーチャードグラス)縁枯病(ライグラス)夏斑点病(ライグラス)縁枯病(フェスク)鳥の目病(チモシー)斑点病(アカクローバ)斑点病(シロクローバ)斑点病(アルサイククローバ)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone