コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葉先 ようせんleaf apex

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

葉先
ようせん
leaf apex

葉尖とも書き,葉頂,葉頭,葉端などともいう。葉の先端のことで,葉脚に対する語。凹形,切形,円形,突形など種々の形に区別され,種類の特徴となることも多い。特異な例に,先が巻きひげになり,その先端に捕虫嚢をつけたウツボカズラがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

葉先の関連キーワードレッドリーフ病(エンバク)紫紋羽病(アルファルファ)セイネンノキ(青年の木)カエデチョウ(楓鳥)ヤハズソウ(矢筈草)斑点病(チモシー)ブラジルチドメグサ縁枯病(フェスク)一文字のぐるぐるサルナシ(猿梨)イネハモグリバエゴールドクレストアカンサス文様サンダーソニアサルトリイバラポリスキアスチャメドレアホウサイランツピダンサス大和ふとねぎ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

葉先の関連情報