コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羅什 らじゅう

大辞林 第三版の解説

らじゅう【羅什】

鳩摩羅什くまらじゆうの略称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の羅什の言及

【クマーラジーバ】より

…中国六朝時代の仏典翻訳家。漢名の鳩摩羅什(くまらじゆう)はサンスクリット名クマーラジーバの音写で,羅什ともいう。インド人僧を父に,亀茲(きじ)国王の妹を母に西域に生まれる。…

※「羅什」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

羅什の関連キーワード鳩摩羅什(くもらじゅう)鳩摩羅什(くまらじゅう)金剛般若波羅蜜多経クマーラジーバ十住毘婆沙論金剛般若経坐禅三昧経羅什三蔵十二門論仏陀耶舎大智度論般若心経阿弥陀経維摩経梵網経十誦律成実宗法華経仁王経遺教経

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

羅什の関連情報