コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雑談集 ゾウタンシュウ

デジタル大辞泉の解説

ぞうたんしゅう〔ザフタンシフ〕【雑談集】

鎌倉時代の仏教説話集。10巻。無住一円著。嘉元3年(1305)成立。「沙石集」より滑稽譚が多いが、教理性が強い。
俳文集。2巻。宝井其角編。元禄4年(1691)成立、翌年刊。上巻俳論などの文章を、下巻連句を中心に収録。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

雑談集【ぞうたんしゅう】

鎌倉後期の説話集編者無住。1305年,晩年80歳の時成立。10巻。〈在家の愚俗〉に向けた《沙石集》に比して,若年の僧のために記したといい,回想自伝的な記事が多い。
→関連項目ささやき竹雑談

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぞうたんしゅう【雑談集】

仏教説話集。無住道暁(むじゆうどうぎよう)編。10巻。1304年(嘉元2)に起筆し,翌年に脱稿,その後も加筆された。《沙石集(しやせきしゆう)》《聖財集(しようざいしゆう)》《妻鏡(つまかがみ)》に続く無住最晩年の作で,表記は漢字片仮名交じり文。同法の僧の求めに応じて,編者の日常の法談,雑話をまとめたものという。雑纂的で,広く仏教の事理を説き,証話を引いて仏・法・僧の霊験に言及している。一宗に偏せず,ときに神明,俗事にもわたっていることは,編者の仏教理解の姿勢を反映したもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ぞうだんしゅう【雑談集】

説話集。一〇巻。無住著。1305年成立。仏教説話を中心に滑稽譚・動物譬喩譚など幅広い題材の説話を収録。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雑談集
ぞうたんしゅう

鎌倉時代の仏教説話集。10巻。無住(むじゅう)の著。1305年(嘉元3)成立。同じ著者の手になる『沙石集(しゃせきしゅう)』と同様に、説話を比喩(ひゆ)・例証として、読者を正しい仏教理解へと導こうとするもの。硬質の教理解説的な記述が多いが、各論の断片を順不同に並べた趣(おもむき)があり、体系的ではない。他の説話集と類似の説話も少なくないが、著者の見聞に基づく同時代の説話には捨てがたい味わいのあるものも多い。説話集としては珍しく著者自身を話題にするところがあり、説話集編者の内面をのぞかせている。[小島孝之]
『山田昭全・三木紀人校注『中世の文学3 雑談集』(1973・三弥井書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

雑談集の関連キーワード怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)瑞竜軒(初代)姥捨山伝説和尚と小僧高井几董根岸鎮衛剪燈新話鎌倉時代説話文学藤原清輔仏教説話丸かる海坊主五色墨腰押し袋草紙講談草鞋出世後見

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android