羊乳

栄養・生化学辞典「羊乳」の解説

羊乳

 ヒツジの乳.飲用にするほか,チーズ製造などにも用いられる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

普及版 字通「羊乳」の解説

【羊乳】ようにゆう

の乳。

字通「羊」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

デジタル大辞泉「羊乳」の解説

よう‐にゅう〔ヤウ‐〕【羊乳】

ひつじの乳。めん羊乳。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の羊乳の言及

【ヒツジ(羊)】より

…白面大型)などがある。(7)乳用系種 羊乳の生産を目的に飼われる品種で,ドイツ原産のオストフリージャン種Ostfriesian(乳量400~500kg),フランス原産のラクーヌ種Lacauneが有名である。(8)毛皮用系種 西アジア原産のカラクール種Karakulの生後まもない子ヒツジの毛皮はアストラカンの名で珍重される。…

※「羊乳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android