コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 ヒツジ

3件 の用語解説(羊の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひつじ【羊】

偶蹄(ぐうてい)目ウシ科ヒツジ属などの哺乳類の総称。中形で、毛は柔らかく、角は大きくて渦巻き状。主に地上の草をかみ切って食べ、群れで暮らす。地中海沿岸から中央アジア北アメリカ西部の山岳地帯に分布し、ムフロンアルガリビッグホーンなどが含まれる。家畜化の歴史は古く、西アジアで主にムフロンより馴化(じゅんか)・改良された。羊毛用のほか毛皮用・肉用もあり、乳・脂肪も利用され、品種にはコリデールメリノ寒羊(かんよう)などがある。緬羊(めんよう)。

よう【羊】[漢字項目]

[音]ヨウ(ヤウ)(呉)(漢) [訓]ひつじ
学習漢字]3年
〈ヨウ〉動物の名。ヒツジ。「羊腸羊皮羊毛羊頭狗肉(ようとうくにく)餼羊(きよう)亡羊牧羊綿羊羚羊(れいよう)
〈ひつじ〉「小羊牡羊座
[難読]羚羊(かもしか)羊歯(しだ)山羊(やぎ)野羊(やぎ)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ひつじ【羊】

偶蹄目ウシ科の哺乳類。ヤギに似るが、角は渦巻形。角のないものもある。細く柔らかいちぢれた毛が全身に密生する。性質は温和で、常に群れをつくる。草食性。毛(羊毛)・毛皮・肉・乳を利用するため、古くから世界各地で飼われる。メリノ・コリデール・カラクールなど品種が多い。緬羊めんよう
[句項目]

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

羊の関連キーワードバーバリシープムフロン水牛羚羊氈鹿山羊ヒツジ(羊)ヤギ(山羊)バーラル

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

羊の関連情報