(読み)ヒツジ

デジタル大辞泉の解説

ひつじ【羊】

偶蹄(ぐうてい)目ウシ科ヒツジ属などの哺乳類の総称。中形で、毛は柔らかく、角は大きくて渦巻き状。主に地上の草をかみ切って食べ、群れで暮らす。地中海沿岸から中央アジア、北アメリカ西部の山岳地帯に分布し、ムフロンアルガリビッグホーンなどが含まれる。家畜化の歴史は古く、西アジアで主にムフロンより馴化(じゅんか)・改良された。羊毛用のほか毛皮用・肉用もあり、乳・脂肪も利用され、品種にはコリデールメリノ寒羊(かんよう)などがある。緬羊(めんよう)。

よう【羊】[漢字項目]

[音]ヨウ(ヤウ)(呉)(漢) [訓]ひつじ
学習漢字]3年
〈ヨウ〉動物の名。ヒツジ。「羊腸羊皮羊毛羊頭狗肉(ようとうくにく)餼羊(きよう)亡羊牧羊綿羊羚羊(れいよう)
〈ひつじ〉「小羊牡羊座
[難読]羚羊(かもしか)羊歯(しだ)山羊(やぎ)野羊(やぎ)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひつじ【羊】

偶蹄目ウシ科の哺乳類。ヤギに似るが、角は渦巻形。角のないものもある。細く柔らかいちぢれた毛が全身に密生する。性質は温和で、常に群れをつくる。草食性。毛(羊毛)・毛皮・肉・乳を利用するため、古くから世界各地で飼われる。メリノ・コリデール・カラクールなど品種が多い。緬羊めんよう
[句項目] 羊の歩み

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

羊 (ヒツジ)

動物。ヒツジ属の動物の総称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

トランスジェンダー

性別違和をもつ人々の総称。性別違和とは,体の性的特徴,出生時の体に基づいて判別された性別や,その役割に課される性役割,性別表現など,すなわちジェンダーへの違和感である。トランスジェンダーには,他方の性...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

羊の関連情報