コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

義太夫三味線 ギダユウシャミセン

デジタル大辞泉の解説

ぎだゆう‐しゃみせん〔ギダイフ‐〕【義夫三味線】

義太夫節の伴奏に用いる太棹(ふとざお)の三味線音色が太く低く強い。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぎだゆうしゃみせん【義太夫三味線】

義太夫節の伴奏に使う太棹ふとざおの三味線。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

義太夫三味線の関連キーワード野沢 喜左衛門(1代目)野沢 喜左衛門(3代目)竹本 雛太夫(5代目)野沢 喜左衛門(初代)鶴沢 寛治(6代目)鶴沢 三生(2代目)野沢 吉弥(8代目)豊沢 広助(6代目)豊沢 小住(2代目)竹本綾之助(初代)鶴沢友次郎(5代)鶴沢清七(5代)鶴沢寛治(7世)野沢 喜左衛門鶴沢 絃二郎竹沢権右衛門豊沢 歌幸鶴沢 寛八豊沢 重松豊沢 雛代

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

義太夫三味線の関連情報