コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太棹 フトザオ

デジタル大辞泉の解説

ふと‐ざお〔‐ざを〕【太×棹】

三味線の種類の一。棹の太さによって3種に分けたうちの最も太いもの。胴も大きく、また弦も太い。義太夫節などに用いられる。→中棹(ちゅうざお)細棹(ほそざお)
義太夫節の異称。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ふとざお【太棹】

三味線の種別で、棹が太く胴が大ぶりのもの。通常は義太夫節の三味線をさすが、広義には浪曲用や津軽三味線も含まれる。 → 細棹中棹

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

太棹
ふとざお

三味線を棹の幅によって便宜的に太棹、中棹(ちゅうざお)、細棹(ほそざお)の三つに分類したものの一つ。義太夫節(ぎだゆうぶし)三味線、津軽三味線などが含まれる。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の太棹の言及

【義太夫節】より

…同時に,音楽として,音遣いが大切で,これによって情合を表出する。 楽器は,太夫の発声,音色,劇的要請に対応でき,京坂人の音色の好みに合う太棹の三味線を主要楽器とする。人物や内容に応じて多彩な撥遣いをみせ,表現の幅がひろい。…

【三味線】より

…全長はおよそ1m前後のものを標準とする。太いものを太棹といい,義太夫節などで用いる。細いものを細棹といい,長唄,小唄,河東節,荻江節などで用いる。…

※「太棹」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

太棹の関連情報