コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

義太夫年表 ぎだゆうねんぴょう

世界大百科事典 第2版の解説

ぎだゆうねんぴょう【義太夫年表】

人形浄瑠璃の興行年表。近世篇7冊と明治篇,大正篇各1冊から成る。近世篇は祐田善雄稿,義太夫年表近世篇刊行会編。明治篇は義太夫年表編纂会編,大正篇は文楽協会編。現在最も詳細で信頼の置ける人形浄瑠璃興行年表で,研究上基礎文献として高い価値を有する。江戸時代から今日におよぶ義太夫節による人形芝居興行の年月,劇場,演目,出演者などを,番付・正本等の確実な記録を資料にして,網羅的に掲載する。【武井 協三】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

義太夫年表の関連キーワード西川伊三郎(3代)鶴沢友次郎(2代)野沢喜八郎(初代)鶴沢友次郎(初代)吉田文三郎(初代)野沢吉兵衛(6代)植村文楽軒(初代)桐竹紋十郎(初代)豊沢広助(5代)鶴沢清六(3代)竹沢弥七(7代)鶴沢寛治(4代)鶴沢清七(初代)竹本三郎兵衛辰松八郎兵衛近世邦楽年表竹沢権右衛門名庭絃阿弥竹本筑後掾並木丈輔

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android