年月(読み)としつき

精選版 日本国語大辞典「年月」の解説

とし‐つき【年月】

〘名〙
① 年と月。年と月の積み重なり。年や月の移り行き。歳月の流れ。光陰
※万葉(8C後)五・八〇四「世間の 術なきものは 年月(としつき)は 流るる如し」
② 多くの歳月。多年長年
※万葉(8C後)四・五七九「見まつりていまだ時だにかはらねば、年月のごとおもほゆる
③ (副詞的にも用いる) 年来。年頃。数年この方。
※宇津保(970‐999頃)藤原の君「中のおとどのひめ君に、とし月きこえさせんとおもふを」

ねん‐げつ【年月】

〘名〙 年と月。としつき。歳月。
※万葉(8C後)三・二八八・左注「右今案不幸行年月
※読本・椿説弓張月(1807‐11)続「辰の年月(ネンゲツ)日時に生れたる、女子を募(もとめ)て犠(にゑ)とし」 〔史記‐三代世表〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「年月」の解説

とし‐つき【年月】

年と月。ねんげつ。
長い歳月。つきひ。ねんげつ。「年月を経る」「年月を重ねる」
年来。としごろ。副詞的にも用いる。「年月願いつづけていたことがかなう」
[類語]月日歳月年月ねんげつ光陰日月星霜風霜

ねん‐げつ【年月】

年と月。歳月。「長い年月がたつ」
[類語]月日歳月年月としつき光陰日月星霜風霜

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android