コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正本 しょうほん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

正本
しょうほん

(1) 各種の浄瑠璃長唄詞章節付を施して出版した冊子。その内容が浄瑠璃の語り手すなわち太夫 (たゆう) の語ったそのままの正しい本であるという意味,および全部を収めた完全な本という意味で名づけられた。義太夫節の正本で後者にあたるものを丸本 (まるほん) ともいう。誤りのないことを証する奥書をつけるのを例とする。 (2) 歌舞伎脚本の筆写本のこと。台本台帳ともいい,関西では根本 (ねほん) ともいう。半紙を縦二つ折にした形が普通で,ときに横に二つ折にした横長のものもある。せりふの頭には,劇中人物名 (役名) でなく,その役を演じた役者の名を記す。

正本
せいほん
Ausfertigung

法律の規定のある場合に権限のある者により,原本に基づいて作成される謄本の一種。法律上の効力は原本と同一である。原本は一定の場所に保存しておく必要があり,かつ,その効力を他の場所で発揮させなければならない場合 (たとえば,判決を当事者に送達するか,または確定判決に執行文を付与する場合) に作成される。戸籍については,原本にあたるものを戸籍正本と呼び,市町村役場に備付けられる (戸籍法8) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しょう‐ほん〔シヤウ‐〕【正本】

根拠となる原本。
歌舞伎の上演用脚本。役者のせりふや動作、大道具・小道具・衣装・音楽などを詳しく書いた筆写本。台帳。根本(ねほん)。
浄瑠璃説経節長唄などの詞章に曲節の譜を記入した版本。
太夫使用の原本と仮名遣いや節付けが同じ浄瑠璃本
せいほん(正本)

せい‐ほん【正本】

権限のある者(裁判所書記官公証人など)が原本に基づき作成する謄本の一種で、原本と同一の効力を有するもの。
戸籍の原本にあたるもの。
転写または副本の原本。→正本(しょうほん)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

正本【しょうほん】

浄瑠璃の台本。狭義には,太夫使用の原本のままのもの。広義には,省略のない完本,すなわち丸本(まるほん)の義。なお,浄瑠璃から離れ,歌舞伎の台本や長唄の詞章本,また流行歌歌舞伎役者せりふ尽し等をいうこともある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょうほん【正本】

江戸時代の音曲書。浄瑠璃詞章の版本として,浄瑠璃太夫の原本を正しく写したものの意。1634年(寛永11)4月刊の《はなや》に〈天下無双薩摩太夫以正本開之〉と記すものが最も古く,以来享保(1730年ごろ)まで刊行されている。この種のものは,1ページが17~18行の細字本で数葉の挿絵が入っているので,絵入細字本絵入浄瑠璃本ともいわれる。音曲上の節付よりも筋を読ませることが主眼であったが,延宝期(1673‐81)には挿絵がなく,太字で節付の入ったものが刊行されるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しょうほん【正本】

謄本・写本などのもとになった本。原本。せいほん。
浄瑠璃の詞章に節付けを付した版本。
太夫使用の原本と詞章・節付けを完全に同じくした本。
一段のみでなく、全段を収録した本。丸本。浄瑠璃正本。
歌舞伎の上演用に筆写された脚本。台帳。
説経節・長唄の詞章に節付けを付した版本。
省略のない本。完本。

せいほん【正本】

権限のある者によって原本に基づき作成され、原本と同一の効力を有する謄本。
転写または副書されたものの原本。 → しょうほん(正本)

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の正本の言及

【舞の本】より

…広義には幸若舞(こうわかまい)の詞章を記した冊子のすべてをいうが,狭義にはそのうち,読み物として享受されるもののみをいう。演唱するための台本は正本(しようほん)といわれ,墨譜(ぼくふ)を付したものもある。狭義の舞の本は,奈良絵本の形態のものがあり,版本として36番をセットとして刊行されたものもある。…

※「正本」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

正本の関連キーワード正本(浄瑠璃、歌舞伎)伊勢島宮内(2代)絵入り浄瑠璃本金平本・公平本常磐津松尾太夫柳文朝(初代)六字南無右衛門書き本・書本正本(法律)今昔操年代記清水三郎兵衛虎屋喜太夫中津忠四郎佐渡七太夫しんとく丸二国間条約遺言信託西沢一鳳勘亭流手回し

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

正本の関連情報