コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正本 しょうほん

8件 の用語解説(正本の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

正本
しょうほん

(1) 各種の浄瑠璃や長唄の詞章に節付を施して出版した冊子。その内容が浄瑠璃の語り手すなわち太夫 (たゆう) の語ったそのままの正しい本であるという意味,および全部を収めた完全な本という意味で名づけられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

正本
せいほん
Ausfertigung

法律の規定のある場合に権限のある者により,原本に基づいて作成される謄本の一種。法律上の効力は原本と同一である。原本は一定の場所に保存しておく必要があり,かつ,その効力を他の場所で発揮させなければならない場合 (たとえば,判決を当事者に送達するか,または確定判決に執行文を付与する場合) に作成される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しょう‐ほん〔シヤウ‐〕【正本】

根拠となる原本。
歌舞伎の上演用脚本。役者のせりふや動作、大道具小道具・衣装・音楽などを詳しく書いた筆写本。台帳。根本(ねほん)。
浄瑠璃説経節長唄などの詞章に曲節の譜を記入した版本。
太夫使用の原本と仮名遣い節付けが同じ浄瑠璃本
せいほん(正本)

せい‐ほん【正本】

権限のある者(裁判所書記官公証人など)が原本に基づき作成する謄本の一種で、原本と同一の効力を有するもの。
戸籍の原本にあたるもの。
転写または副本の原本。→正本(しょうほん)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

正本【しょうほん】

浄瑠璃の台本。狭義には,太夫使用の原本のままのもの。広義には,省略のない完本,すなわち丸本(まるほん)の義。なお,浄瑠璃から離れ,歌舞伎の台本や長唄の詞章本,また流行歌や歌舞伎役者せりふ尽し等をいうこともある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しょうほん【正本】

江戸時代の音曲書。浄瑠璃詞章の版本として,浄瑠璃太夫の原本を正しく写したものの意。1634年(寛永11)4月刊の《はなや》に〈天下無双薩摩太夫以正本開之〉と記すものが最も古く,以来享保(1730年ごろ)まで刊行されている。この種のものは,1ページが17~18行の細字本で数葉の挿絵が入っているので,絵入細字本絵入浄瑠璃本ともいわれる。音曲上の節付よりも筋を読ませることが主眼であったが,延宝期(1673‐81)には挿絵がなく,太字で節付の入ったものが刊行されるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しょうほん【正本】

謄本・写本などのもとになった本。原本。せいほん。
浄瑠璃の詞章に節付けを付した版本。
太夫使用の原本と詞章・節付けを完全に同じくした本。
一段のみでなく、全段を収録した本。丸本。浄瑠璃正本。
歌舞伎の上演用に筆写された脚本。台帳。
説経節・長唄の詞章に節付けを付した版本。
省略のない本。完本。

せいほん【正本】

権限のある者によって原本に基づき作成され、原本と同一の効力を有する謄本。
転写または副書されたものの原本。 → しょうほん(正本)

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の正本の言及

【舞の本】より

…広義には幸若舞(こうわかまい)の詞章を記した冊子のすべてをいうが,狭義にはそのうち,読み物として享受されるもののみをいう。演唱するための台本は正本(しようほん)といわれ,墨譜(ぼくふ)を付したものもある。狭義の舞の本は,奈良絵本の形態のものがあり,版本として36番をセットとして刊行されたものもある。…

※「正本」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

正本の関連キーワードスキー八雲愛人松柏除籍砂山チェリー鬭・倒・偸・党・冬・凍・刀・到・唐・塔・套・島・当・悼・投・搭・東・桃・桐・棟・湯・滔・濤・灯・燈・當・痘・登・盗・盜・祷・禱・稲・稻・等・筒・答・糖・納・統・蕩・藤・討・読・謄・豆・踏・蹈・逃・透・闘・陶・韜・頭・騰・黨花菱

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

正本の関連情報