コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

義理詰め ギリヅメ

デジタル大辞泉の解説

ぎり‐づめ【義理詰め】

道理をもって物事をとらえること。理屈詰め。
「先より腹の立つやうに持ってくる時になほ物静かに、―に」〈浮・胸算用・三〉
義理をたてに責めたてること。また、義理でどうしようもなくなること。義理責め。
「ああ死にましょと引くに引かれぬ―に」〈浄・天の網島

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぎりづめ【義理詰め】

義理をたてにして、そうせざるを得ないように迫ること。義理ぜめ。 「『いつそ死んでくれぬか』『ああ死にましよ』とひくにひかれぬ-に/浄瑠璃・天の網島
理屈や道理で迫ること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

義理詰めの関連キーワード長谷川千四義理責め浄瑠璃網島