理屈(読み)リクツ

デジタル大辞泉「理屈」の解説

り‐くつ【理屈/理窟】

物事の筋道道理。「—に合わない」「—どおりに物事が運ぶ」
無理につじつまを合わせた論理。こじつけ理論。へりくつ。「—をこねる」
[類語](1ことわり道理事理条理論理すじ筋道道筋辻褄つじつま理路理論ロジック合理合理的論理的理路整然ロジカル理詰め中正方正適正真正純正フェア正しい正当至当正道本筋正則公正まっとうまとも合法合法的ノーマル/(2理屈理屈詭弁きべんこじつけ空理空論講釈御託ごたく

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「理屈」の解説

り‐けつ【理屈】

〘名〙 「りくつ(理屈)」の変化した語。
※浄瑠璃・行平磯馴松(1738)三「此理(り)けつを分けて、味はふて見て下さりませ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android