コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

翔鶴型航空母艦 しょうかくがたこうくうぼかん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

翔鶴型航空母艦
しょうかくがたこうくうぼかん

旧日本海軍の航空母艦 (空母) 。同型艦2隻。太平洋戦争開戦時における最新鋭の空母で,真珠湾からマリアナ,フィリピン沖にいたる諸海戦に就役。基準排水量2万 5675t,速力 34.2kn。飛行機搭載数は常用機 72,補用機 12。『翔鶴』は,1941年8月横須賀工廠で竣工,44年6月 19日,サイパン沖で沈没。『瑞鶴』は,41年9月神戸川崎造船所で竣工,44年 10月 25日,フィリピン海域で沈没。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

翔鶴型航空母艦の関連キーワード真珠湾攻撃

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android