沈没(読み)ちんぼつ

精選版 日本国語大辞典「沈没」の解説

ちん‐ぼつ【沈没】

〘名〙
① 水や泥などの中に沈み入ること。水中や物の中に沈んで見えなくなること。また、そのように物がなくなること。
※天台法華宗牛頭法門要纂(805)「第九生死涅槃〈略〉三界衆生、依生死見、沈没六道、欲生死、不生死」 〔志‐東夷伝倭人
② ほろびること。隠れてなくなること。埋もれて、存在が人目にふれないこと。また、脱落すること。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉八「敗績沈没するもの其数亦多かるべし」 〔南史‐宋宗室伝上・臨川王道規〕
③ 酔ったり眠ったりして正体を失うこと。また、用事を投げ出して、遊興に夢中になること。
※雪の日(1920)〈志賀直哉〉「間もなく下の玄坊が先づ沈没した。それから暫くして上の理っちゃんも柳の膝で眠って了った」
④ 質に入れること。また、入質した物が流れること。〔訂正増補新らしい言葉の字引(1919)〕
⑤ 芸者や売春婦などになること。〔隠語構成様式并其語集(1935)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「沈没」の解説

ちん‐ぼつ【沈没】

[名](スル)
船などが水中に沈むこと。「台風でタンカー沈没する」
酒に酔いつぶれること。「二次会の途中で沈没する」
遊びに夢中になって仕事や用事を忘れてしまうこと。特に歓楽街などに入り込んでしまうこと。「まっすぐ帰宅するつもりが、駅前で沈没してしまった」
[類語](1沈む没する沈める沈下沈降沈殿

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「沈没」の解説

【沈没】ちんぼつ

水中に沈む。〔三国志、魏、東夷伝、倭人〕今、倭の水人、好んで沈沒して魚蛤を(と)る。身は亦た以て大魚水禽(の)を厭(はら)ふ。

字通「沈」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

ツール・ド・フランス

フランスを舞台にした国際的規模のロードレース (→自転車競技 ) 。 1903年,フランス人の自転車選手兼ジャーナリストのアンリ・デグランジュが創設。以来,2度の世界大戦時以外は毎年開催されており,フ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android