コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

翰林五鳳集 かんりんごほうしゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

翰林五鳳集
かんりんごほうしゅう

南北朝から江戸時代初期にいたる五山禅僧の詩偈の集大成後水尾天皇の命を受けた南禅寺の僧,崇伝らの編。 64巻。元和9 (1623) 年頃成立。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

翰林五鳳集の関連キーワード南北朝

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android