コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

翰林五鳳集 かんりんごほうしゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

翰林五鳳集
かんりんごほうしゅう

南北朝から江戸時代初期にいたる五山禅僧の詩偈の集大成後水尾天皇の命を受けた南禅寺の僧,崇伝らの編。 64巻。元和9 (1623) 年頃成立。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

翰林五鳳集の関連キーワード南北朝

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android