コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

耆闍崛山 ぎじゃくっせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

耆闍崛山
ぎじゃくっせん

サンスクリット語 Gṛdhrakūṭaの音写。古代インドのマガダ国の首都であった王舎城の北東にあったといわれる山の名。釈尊が説法した場所として有名。霊鷲山 (りょうじゅせん) と訳されるのは,その山の形が鷲に似ているとも,鷲が多くすむからともいわれるためである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ぎじゃくっせん【耆闍崛山】

Grdhrakūta〕 霊鷲山りようじゆせんの別名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の耆闍崛山の言及

【霊鷲山】より

…古代インド,マガダ国の首都ラージャグリハ(王舎城)北東方の小高い峰。その頂が鷲の姿に見えることから,サンスクリットではグリドラクータGṛdhrakūṭa(〈鷲の峰〉の意)と呼ばれ,耆闍崛多(ぎしやくつた)と音写されるため,耆闍崛山(ぎしやくつせん)とも称される。霊鷲山は意訳で,霊山(りようぜん)とも略される。…

※「耆闍崛山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

耆闍崛山の関連キーワードサンスクリット語仏教建築羅漢寺仏塔

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android