コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

霊鷲山 リョウジュセン

デジタル大辞泉の解説

りょうじゅ‐せん〔リヤウジユ‐〕【霊鷲山】

《〈梵〉Gṛdhrakūṭa-parvataの訳》古代インドのマガダ国の首都、王舎城の北東にあり、釈迦(しゃか)法華経などを説いた山。山頂の形が鷲(わし)に似るので、また山中に鷲がいたのでこの名があるという。現在のビハール州中部のラジギールにある。鷲の山。耆闍崛山(ぎじゃくっせん)。鷲峰山(じゅぶせん)。霊山(りょうぜん)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

りょうじゅせん【霊鷲山】

古代インド,マガダ国の首都ラージャグリハ(王舎城)北東方の小高い峰。その頂が鷲の姿に見えることから,サンスクリットではグリドラクータGṛdhrakūṭa(〈鷲の峰〉の意)と呼ばれ,耆闍崛多(ぎしやくつた)と音写されるため,耆闍崛山(ぎしやくつせん)とも称される。霊鷲山は意訳で,霊山(りようぜん)とも略される。釈迦が説法した地として有名で,大乗経典の《法華経》《無量寿経》もここで説かれたとされる。現在はゆるやかな石畳が参道として頂上まで続き,頂上付近には阿難窟と呼ばれる自然の石窟があり,頂には祠堂の跡が残っている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

りょうじゅせん【霊鷲山】

Grdhrakūta〕 インドのビハール地方ラージギル(古代マガダ国の都、王舎城)の東北にある山。釈迦が法華経などを説いた地として有名。霊山りようぜん。耆闍崛山ぎじやくつせん。鷲わしの山。鷲山じゆせん

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

霊鷲山
りょうじゅせん

サンスクリット語でグリドラクータGdhrakaといい、音写して耆闍崛山(ぎじゃくっせん)ともいう。釈尊時代、インドのマガダ国の首都王舎城(おうしゃじょう)(ラージャグリハ。現在のラージギルRjgir)を取り巻く五山のなかの一つで、その名は山頂が鷲(わし)の嘴(くちばし)に似ているからとも、山頂に鷲がすんでいたからとも伝えられる。釈尊はしばしばここにとどまり、『法華経(ほけきょう)』『大無量寿経(だいむりょうじゅきょう)』『観無量寿経(かんむりょうじゅきょう)』などの多数の経典を説いたとされる。法顕(ほっけん)(335?―421?)、玄奘(げんじょう)(600/602―664)の旅行記には、山頂にれんが造の説法堂の遺跡があったと伝えている。また日本では「霊山浄土(りょうぜんじょうど)」あるいは「霊山現土」として、理想世界を象徴するものともなった。[森 章司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の霊鷲山の言及

【浄土】より

… 中国で浄土思想が流布し展開するとともに,本来は浄土思想と何らの関わりもなかった《法華経》に基づいて,霊山浄土という新しい浄土が出現した。霊山つまり霊鷲山(りようじゆせん)とは王舎城の近くにある山の名で,《法華経》が説かれたといわれる場所なのである。このほか,仏ではなく菩薩の世界なのに《華厳経》に基づき,東北方清涼山の文殊浄土や,南方補陀落山(ふだらくさん)の観音浄土の信仰が行われるようになった。…

※「霊鷲山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

霊鷲山の関連キーワード阿倍内麻呂法華曼荼羅常在霊鷲山二仏並坐像霊山浄土法道仙人以心伝心春日竜神退凡下乗妙音菩薩拈華微笑通度寺極楽寺羅漢寺正法寺浄土変禅宗鷲山大会珍海

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

霊鷲山の関連情報