コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

王舎城 おうしゃじょうRājagṛha

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

王舎城
おうしゃじょう
Rājagṛha

ラージャグリハ。古代インドマガダ国の首都。現在のビハール州南部のラージギルはこの旧跡。釈尊に非常に関係のある都城で,王舎城の東にある霊鷲山 (りょうじゅせん) や,郊外の竹林精舎は,釈尊が長く住んで国王の供養を受け,民衆の教化を行なったので知られている。経典中に知られる頻婆娑羅 (びんばしゃら) 王や阿闍世 (あじゃせ) 王,韋提希 (いだいけ) 夫人の住んだ都。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

おうしゃじょう【王舎城】

Rājagrha〕 古代インドのマガダ国の都。ビハール州パトナ付近のラージギルに遺跡がある。紀元前六、五世紀、頻婆娑羅びんばしやら王・阿闍世あじやせ王の時代に繁栄。仏陀がこの地を中心に説法したので、霊鷲山りようじゆせん・竹林精舎など仏跡が多い。ラージャグリハ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

王舎城
おうしゃじょう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の王舎城の言及

【温泉】より

…【大木 靖衛】
【伝承と利用】
 温泉には,歴史的に聖水―聖泉信仰と心身にかんする治療信仰が結びつき,そこからさまざまな伝説や伝承が生みだされた。 第1にインドの事例をあげると,ラージャグリハ(王舎城)には釈迦も入浴したと伝える温泉が現存しているが,入浴者はかならず下着をつけて湯につかり,セッケンなどを用いて身体を洗浄してはいけないしきたりになっている。温泉は心を清浄にするところであって肉体を清めるところではないとされているからである。…

【釈迦】より

…比丘(男の出家者)のほかに,比丘尼(女の出家者),優婆塞(うばそく)・優婆夷(うばい)(男女の在家信者)もできた。釈迦はガンガー(ガンジス川)中・下流域の平原,なかんずくマガダ国のラージャグリハ(王舎城)とコーサラ国のシュラーバスティー(舎衛城)で活動した。前者には国王ビンビサーラの寄進した竹林精舎が,後者にはアナータピンダダAnāthapiṇḍada(給孤独(ぎつこどく))長者の寄進した祇園精舎があった。…

【ラージャグリハ】より

…古代インド,マガダ国の首都で,漢訳仏典には王舎城と記される。現在のビハール州の中央部に位置するラージギルRājgirにあたる。…

※「王舎城」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報