コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

耐電圧 たいでんあつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

耐電圧
たいでんあつ

絶縁物に電圧を加えたときに,それが破壊されない電界の強さの最大値をいう。また絶縁破壊の強さとは,絶縁物が破壊されるときの電圧の強さをいう。耐電圧と絶縁破壊の強さを含めて絶縁耐力という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

たい‐でんあつ【耐電圧】

高い電圧がかかっても、絶縁性を失って大電流を通す絶縁破壊を生じにくいこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たいでんあつ【耐電圧】

電気機器などの端子間や端子ケース間に電圧をかけるとき、絶縁破壊を起こさずに一定時間耐えられる電圧。絶縁破壊電圧。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

耐電圧の関連キーワードエピタキシャルトランジスタショットキーダイオードゲルマニウム整流器シリコンダイオード負荷時電圧調整器シリコン整流器電子チューナー亜酸化銅整流器真空コンデンサインパルス試験衝撃電圧発生器半導体整流器菊水電子工業絶縁破壊電圧絶縁耐力試験エナメル線江崎玲於奈尿素樹脂BIL西 健

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android