耐震建築(読み)タイシンケンチク

世界大百科事典内の耐震建築の言及

【耐震構造】より

…日本の高層建築第1号の霞が関ビル以来,日本の60m以上の高層建築は,すべてこのような考え方によって動的耐震設計が行われている。
[耐震建築構造の発達]
 日本の伝統的な構造方式である木造建築は,柱と柱の間になげしや貫(ぬき)の横架材をかけわたし,さらに土壁を設けるなどにより,世界の伝統的建築の中では比較的地震に強いものであった。明治以後,とくに第2次大戦以後,屋根の軽量化や壁の中に筋かいを設けるなどの改良が加えられ,非常に耐震性の高いものになった。…

※「耐震建築」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

耐震建築の関連情報